キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

キャットフードの安全性や判断基準材料、保存方法など

24

 

大切な家族の一員であるペットの猫ちゃんには、ずっと健康で長生きしてほしいですよね。

そのためには、毎日与えるキャットフード(猫の餌)の安全性がとても重要です。
ではどのようなキャットフードを与えれば安全なのでしょうか。その製法に違いはあるのでしょうか。
そこで今回はこんな気になる猫の餌キャットフードについて、判断基準材料や保存方法等について特集しました。

 

 

キャットフードの安全性の判断基準材料

キャットフードの安全性は、どのように判断すれば良いのでしょうか。
そもそもキャットフードについて規定された安全基準などはあるのでしょうか。

この点もともと家畜ではないペットである猫や犬については、その餌の安全基準は特に設けられていませんでした。
人間が食べないので人体への影響がないということで、特に規制がなかったのです。
しかし2009年にペットフード安全法が施行され、一応の規制と表示義務などが発生しました。

ただ、それでも人間の口に入るものより規制が緩く、キャットフードについては人間には使えないような添加物や保存料などが含まれていることが多いです。

ですのでキャットフードを選ぶ際の安全性判断基準材料としては、この添加物や保存料がどれだけ使われているかという点がポイントになります。

 

たとえば猫は穀類を摂ると身体に良くないのですが、穀類を原料にした添加物が含まれていることがあり、このようなキャットフードは避けることが大切です。

 

心配なら無添加のものをあげることが一番安心で安全だと考えられます。

 

お製法による違いやおすすめの保存方法について

キャットフードも各メーカーによってその成分や製法が相当異なります。製法過程において多量の添加物を用いていたり材料も良いものを使っている場合や適当なものを使っている場合などさまざまです。

ですので猫ちゃんの健康を考えるなら、製法にもこだわっているメーカーのものを選ぶのがおすすめです。製法にこだわったメーカーには通販を行っているところもありますので、活用してみても良いでしょう。

また保存方法については、鮮度の劣化を避けるためなるべく保存期間を短くすることです。この意味で大容量のドライフードなどはおすすめできません。

できたら小分けになっているキャットフードを選ぶか、そうでなくても小さなサイズのものを選び、保存する際にはナイロン袋に入れて口を閉じ、冷蔵庫保存をして鮮度の低下を防ぐようにしましょう。
そこまで出来ない場合であっても、最低限口をしっかり閉じて空気の侵入を防ぎ、冷暗所に保存するようにしましょう。

 

キャットフードで猫ちゃんの安全を守るために

以上、今回は猫ちゃんの安全を守るためのキャットフードの判断基準材料や保存方法等を検討してきましたがいかがでしたでしょうか。

どうしても値段が安くて簡単なものや方法に流れがちなキャットフードですが、大切な猫ちゃんのために、少しお金と手間をかけてあげましょう。