キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

皮膚病の猫ちゃんに与えたいキャットフード(猫の餌)特集

7

 

猫はかわいくてペットとしても大人気の動物です。ところがこの猫ちゃん、さまざまな病気にかかるリスクもあります。猫の病気で多いのが皮膚病で、これはさまざまな要因がありますが、怪我によって傷口にばい菌が入ったりアレルギーがあったりダニが原因となることもあります。このような皮膚病の症状を軽減するため、皮膚病に良いキャットフード(猫の餌)はないのでしょうか。そこで今回は皮膚病の猫ちゃんに与えたいキャットフード(猫の餌)を特集します。

 

 

キャットフード(猫の餌)は療法食がおすすめ

意外と猫は皮膚病にかかりやすい動物です。特に、毛が短く薄かったり毛がない品種の猫は相当な頻度で皮膚病にかかります。皮膚病にかかると、猫の身体の表面がかさかさになってフケ状のものが出たりして猫がかゆがり、身体をものにこすりつけたりするので更に症状が悪化してしまうと言うこともあります。すぐに獣医さんに連れて行ってあげましょう。

 

そしてこの皮膚病の要因はさまざまですが、怪我がきっかけであったりアレルギーやダニなども原因となります。原因にもよりますが、特にアレルギーの場合などには食生活によって改善することは可能です。この点、獣医さんもおすすめするのが皮膚病専門の療養食です。複数のメーカーから皮膚病対策フードのラインナップがありますので、猫ちゃんに一番合ったキャットフードを与えるのが良いでしょう。もし療養食まで使わないとしても、量販のものではなく、無添加や有機にこだわったキャットフードを与えることをおすすめします。これらのプレミアムキャットフードについては、上記の療法食よりも相当多くのメーカーからさまざまな商品ラインナップがありますのでいろいろ試してみて猫ちゃんの体調が一番よさそうなものを選びましょう。

 

 

漢方などの皮膚薬も使ってみよう

猫ちゃんの皮膚病対策のため、基本的には上記の通り皮膚病用のキャットフード(猫の餌)を与えることが大切ですが、皮膚病がかなり悪化していて緊急の対処が必要な場合もあるかと思われます。このような場合には、猫の皮膚薬も売られていますのでこれらを利用しましょう。

 

猫の皮膚病の薬は西洋医学に基づくものの他にも漢方薬なども市販されています。これが効く場合もありますので、獣医さんと相談しながら猫ちゃんに合ったものを与えましょう。さらに、皮膚病の猫ちゃんの皮膚が乾燥しているからと言って水をたくさんあげたら良いのかという誤解がありますが、これは事実ではありません。猫が水を飲み過ぎると腎臓病にもつながるので、このような誤解にもとづいたケアはやめましょう。

 

 

皮膚病の猫ちゃんのためのキャットフードまとめ

以上、皮膚病の猫に与えるべきキャットフード(猫の餌)を特集しましたがいかがでしたでしょうか。基本的には療法食が一番おすすめですが、いつもこれを与えるのがしんどければ有機や無添加にこだわったプレミアムフードがおすすめです。他にも漢方や西洋医学に基づいた皮膚薬などを使うのも良いでしょう。参考にしてみてください。