キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

知っておきたい猫の腎臓病と気をつけるべきキャットフード(猫の餌)について

4

 

猫はかわいくてとても人気のペットですが、実はかなり腎臓病にかかりやすい動物です。特にペルシャ猫など先天的に腎臓病にかかりやすい猫種もあり、日常的に注意が必要です。腎臓病にかかると体内の毒素を体外に排出できなくなり、猫が弱って最終的には死に至ってしまいます。

 

このような腎臓病を防ぎ、または悪化しないようにするにはどのようなキャットフード(猫の餌)を与えるのが良いのでしょうか。そこで今回は猫の腎臓病についてと腎臓病の猫に与えるべきキャットフード(猫の餌)について特集します。

 

猫は腎臓病にかかりやすい

まず猫の腎臓病について知っておきましょう。猫も人間と同じく腎臓病にかかります。また、ペルシャ猫やヒマラヤンなどの種類の猫は、「多発性嚢胞腎」という腎臓が肥大して機能しなくなる病気に先天的にかかりやすい特徴を持っています。

 

腎臓病にかかると、猫が異常に水を飲むようになったり、頻繁にトイレに行くのに尿が出にくくなったり逆に尿量が増えたり、体重が減ったり、元気がなくなってぐったりしているときが増えます。そして慢性腎不全に発展すると最終的に死に至ります腎臓病は猫の死因の2割を占めているとも言われる恐ろしい病気です。早期の対処が重要ですから、何か気になる兆候があれば、すぐに獣医さんに連れて行ってあげましょう。

 

塩分を控えて良質のタンパク質を摂取しよう

では腎臓病の猫にはどのようなキャットフード(猫の餌)を与えるのが良いのでしょうか。そもそも猫は砂漠からきた動物ですから、それほど多くの水や塩分を必要としません。また過剰な塩分摂取は腎臓に負担をかけます。よって腎臓病の猫には塩分(リン、ナトリウム)の摂取を控えることが大切です。この点、量販型のキャットフードには猫の食欲を増進するために多量の塩分が含まれているので注意が必要です。

 

また過剰なタンパク質も血液中の毒素を発生させ腎臓に負担をかけますから採りすぎないよう注意が必要です。もちろん悪質なタンパク質摂取も腎臓病の猫にとっては命取りになります。この点量産型のキャットフードにはさまざまな添加物が含まれており、どのような素材が使われているかも明らかになっていないことが多いので、やはり腎臓病の猫には与えるべきではありません。

 

腎臓病の猫には、無添加や有機にこだわったプレミアムキャットフードを与えるか、さらに良いのは獣医もおすすめする特別療法用のキャットフードを与えることです。参考にしてみてください。

 

腎臓病の猫ちゃんのためのキャットフードまとめ

以上、猫の腎臓病と腎臓病の猫に与えるべきキャットフード(猫の餌)について特集しましたがいかがでしたでしょうか。恐ろしい猫の腎臓病で猫ちゃんたちが命を失うことのないよう、日々気をつけてあげてください。