キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

子猫用のキャットフードの生まれてからの日数別

25

 

かわいい子猫をもらってきたけれど、子猫には大人の猫とは違うキャットフード(猫の餌)をあげる必要があるのでしょうか。また、あげてもいいキャットフードは生まれてからの日数によって変化はあるのでしょうか。この点、人間でも赤ちゃんや子供には大人とは違うミルクをあげたり離乳食を与えたりするのと同様、子猫の場合もやはり成猫とは違った配慮が必要になります。

そこで今回は子猫のキャットフードについて、生まれて○ヶ月ごとに分けてまとめてみました。

生まれて1ヶ月くらいまで

子猫が生まれて25日~1ヶ月くらいまではミルクしか与えてはいけません。この頃の子猫はまだお腹も噛む力も弱いですし、成猫とは異なる栄養素が必要になりますので成猫と同じものは食べられないからです。

 

またミルクも牛乳ではなく猫用のミルクを与えましょう。そして子猫がうまく飲んでくれない場合は、スポイトなどで一滴ずつ丁寧に口の中に入れてあげましょう。ミルクは、4~5時間ごとにあげる必要があります。少し大変ですが赤ちゃんのお母さんになったつもりでがんばりましょう。また子猫に無理矢理多量のミルクを押し込むと、子猫が窒息する危険性がありますので、絶対にやめましょう。子猫が少し大きくなって元気になれば、小動物用のほ乳瓶を使ってミルクを与えると良いでしょう。

 

生まれて1ヶ月~6ヶ月くらいまで

子猫が生まれて25日(1ヶ月)~45日(1.5ヶ月)くらいまでの間は、離乳期間です。最初のうちはミルクと離乳食を半々くらいの割合で与えると慣れやすいです。なお離乳食も猫用のものが売られていますので活用しましょう。そしてだんだんと慣れてきたらミルクをやめて離乳食だけに切り替えていきましょう。

次に45日(1.5ヶ月)~6ヶ月くらいまでの間は子猫用のドライフードを与えます。子猫用のドライフードとは「~12ヶ月まで」などと表示されているもののことを言います。子猫に必要な栄養素は成猫の物とは異なりますので、成猫のものは与えないようにしましょう。ウェットフードの代わりにこの子猫用のドライフードを猫用ミルクでふやかして、併用して与えるとよりよいと考えられます。

尿道結石や便秘予防のために、水も豊富に与えるようにしましょう。

 

子猫の健やかな成長のために

小さい子猫には子供用のキャットフードを選ぶ配慮が必要です。基本は1ヶ月間はミルク、その後離乳食、子猫用キャットフード、という流れです。あとは子猫ちゃんの個性や猫種(成長が早い猫種と遅い猫種がいます)に合わせて時期を調整してみてください。