キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

下痢など猫のお腹の調子が良くない、悪い場合のキャットフード(猫の餌)について

3

 

とてもかわいらしくてペットとしても大人気の猫ちゃんたちですが、猫もさまざまな病気にかかります。中でも下痢症状は日常的にありがちな病気で、これにかかると脱水症状となったり体重が減少して体力が低下し、猫の元気がなくなってしまいますので早期に対処が必要です。

 

そして下痢は、日頃食べているキャットフード(猫の餌)とも密接なかかわりがありますし、下痢にかかった場合のキャットフードにも気をつける必要があります。そこで今回は知っておきたい猫のお腹の調子が悪い、良くない場合の猫の下痢についてと、与えるべきキャットフード(猫の餌)について特集します。

 

 

猫の下痢の原因と症状

まず、猫の下痢は一体どのような症状なのでしょうか。猫も人間と同じく下痢になると、糞の形状が水状になるのでわかりやすいのですが、その他の症状としてトイレ(糞)の回数が増えたり血便が出たり、出そうとして何度もトイレに行くけれど糞がなかなか出なかったり、おしりがかぶれるのでおしりをかゆがったり、ひどくなると嘔吐をしたり、食欲もなくなり体重が減少し、ぐったりするようになります。これを放置すると猫の体力がどんどん低下して重篤な事態にも陥りますので早期の対処が必要です。

 

猫のお腹の調子が悪そうであったり良くないときは、すぐに獣医さんに連れて行ってあげましょう。下痢の原因は悪い餌を食べたことやウイルス、他の疾病からの合併症状などさまざまですが、日頃の食事(キャットフードや餌)が大切なことは確かです。

 

 

下痢の予防と対策のためのキャットフード

では、猫が下痢にかからないためには日頃どのようなキャットフードを与えたら良いのでしょうか。まず、悪い食事をとったときはお腹の調子が悪化し下痢になりやすいですから、日頃から猫が古くなった食べ物や水、粗悪フードなどを口にすることのないよう注意すべきです。

 

また、下痢になってしまった場合は早期に獣医さんに連れて行って診てもらい、原因を確かめましょう。下痢になるとそれが急性のものならば、腸を休めるためにいったん絶食して水も断つことが多いです。そしてある程度食べられるようになっても、下痢専用の療法食をとりながら徐々に回復していきます。

 

性質的にお腹の調子を崩しがちな下痢になりやすい猫の場合は、日頃から無添加や有機にこだわったプレミアムキャットフードを与えることがおすすめです。

 

 

お腹の調子が悪い猫ちゃんのキャットフードまとめ

以上猫のお腹の調子が悪い、良くないときの下痢についてと、猫の下痢予防のためのキャットフード、さらには猫が下痢になった場合の食事などについて特集しましたがいかがでしたでしょうか。猫が下痢にならないよう、また下痢になったとしてもそれ以上悪化しないように、普段からキャットフード(猫の餌)には気をつけてあげるようにしましょう。