キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

ドライフードの特徴とおすすめタイプを特集

23

 

ウェットフードのタイプと特徴のまとめ

 

猫ちゃんの健康的な生活のためには、毎日食べるキャットフード(猫の餌)に対する配慮が不可欠です。一口にキャットフードと言ってもタイプがありそれぞれ特徴があります。そしてキャットフードの中でも代表的なのがドライフードですが、その特徴やおすすめはどのようなものになっているのでしょうか。そこで今回はこんな気になるドライフードの特徴やおすすめについて特集してみました。

ドライフードの特徴とおすすめポイント

ドライフードとは、キャットフード(猫の餌)の中でも乾燥したタイプのものを言い、ちまたでは「かりかりフード」などと呼ばれていることもあります。堅いので食べると「かりかり」と音がするのでこのような名前で呼ばれるようになりました。

さて、このドライフードの特徴は、まず大容量で経済的には安価であることです。また一度開封しても小分けにして冷蔵保存等すれば、相当長期間保存ができるという特徴があります。これらは水分を含んだウェットフードのタイプのものよりドライフードをおすすめできるポイントになります。さらに大容量のものが販売されていますので、よく食べる猫種の場合やたくさん猫を飼っている場合などには便利であるということもおすすめポイントです。

しかしドライフードにもデメリットはあります。何よりも、これには水分がほとんど含まれていませんのでドライフードばかり与えていると水分不足で尿道結石や便秘のリスクが高まります。嘔吐しやすくなることもあります。また、ドライフードと水を近くにおいておくと、食べ散らかしたドライフードが水に入ってふやけてしまい、水が悪くなってしまうこともよくあります。このようなデメリットにも配慮しながらドライフードのメリットを生かせるように上手に取り入れていきましょう。

ドライフードのタイプと選び方

ドライフードにもいろいろなタイプがあります。一番オーソドックスなドライフードは総合栄養食と書いてあり、特に~用とも記載のないものがあります。このようなものは単価も安いですが、猫の健康を考えるとあまりおすすめできません。

 

やはり安全性や猫の体調のことを考えると猫種猫の年齢猫の体調に応じてそれに適合したタイプのものを与えることがおすすめです。たとえば子猫なら子猫用のものがありますし、シニア用のものもあります。肥満対策フードもありますし、中には糖尿病猫のための専用フードもあります。たくさん運動する猫のためには高栄養のタイプのキャットフードを与える必要があるでしょう。

 

このように猫の年齢や体長に合わせてドライフードを賢く選ぶのがおすすめです。

猫ちゃんの健やかな毎日を守るために

大切な猫ちゃんの健やかな毎日を守るためには、毎日食べるキャットフードへの配慮が不可欠です。ドライフードはとてもお手軽で総合的に栄養がとれておすすめですが、水不足には気をつけながら、それぞれの猫のタイプに合わせて選ぶことが推奨されます。今回ご紹介した内容をもとに、猫ちゃんに適切なキャットフードを与えていつまでも元気に仲良く過ごせるといいですね。