キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

ウェットフードのタイプと特徴のまとめ

21

 

ドライフードの特徴とおすすめタイプを特集

 

猫ちゃんの健やかな生活のためには毎日食べるキャットフード(猫の餌)への配慮がとても大切です。キャットフードにもさまざまなタイプがあり、ドライフードとウェットフードの分類が最も一般的です。そのどちらにもそれぞれ特徴やメリット、デメリットがあります。そこで今回は、キャットフードのタイプの中でもウェットフードについてその特徴とおすすめポイントを特集してみたいと思います。では、さっそく見てみましょう。

ウェットフードの特徴とおすすめポイント

キャットフード(猫の餌)のタイプの中でドライフードとよく対比されるのがウェットフードと呼ばれるタイプのものです。これは名前の通り水分を多く含んだタイプのキャットフードで、具体的には水分含有量が75%以上のものとされています。その代表的なものがレトルトや缶詰になります。

 

ウェットフードの特徴は、水分を含んでいて素材となっている肉や魚のにおいや食感が残っているので、猫が好んで食べるというメリットがあります。また、猫は水分を補給するのが苦手ですが、ウェットフードですと水分を含んでいるので水をあまり飲まない猫の水分補給もできます。水分が不足すると尿道結石や便秘の原因にもなりますので、これらの予防のためにもおすすめできるタイプです。さらに缶詰などの商品ですと、開封前なら長期保存が可能であるというメリットもあります。

しかし以下のようなデメリットもあります。まず比較的栄養価が低いので、これだけでは猫に必要な栄養分が補いきれない可能性があります。また口臭がきつくなったり歯垢がたまって虫歯になりやすくなることもあります。いったん開封すると保存ができず、早期に食べるか片付けるかしないと傷んでしまうこともデメリットの一つです。

このようなウェットフードの特徴を理解した上で賢く猫に与えるとよいでしょう。ドライフードとの併用がおすすめです。

ウェットフードのおすすめタイプと賢い与え方

ウェットフードには缶詰とレトルト(パウチ)商品があることは先に述べました。ではどのようなタイプのウェットフードがおすすめで、どのように用いるのがよいのでしょうか。

 

缶詰もレトルトも猫にとってはおいしく感じられごちそう感がありますので、猫に食欲がないときなどにウェットフードを与えるのがおすすめです。またレトルトは子猫にも食べやすいものとなっていますので、離乳食をやめて子猫用フードに切り替えていくときに、レトルトタイプのウェットフードを併用して与えることもおすすめです。水分が多く含まれていますので、尿道結石や便秘になりやすい猫の場合はウェットフードを多めに与えるのもおすすめの活用法と言えます。

猫の状態や体調に合わせて上手に取り入れよう

以上見てきたとおり、キャットフード(猫の餌)の中でもウェットフードはごちそう感があり水分補給ができるメリットはありますが栄養が偏りがちになるというデメリットがあります。そこでこれらの特徴をしっかり理解しながら、猫の状態や年齢、体調に応じて賢く取り入れていくのがおすすめのウェットフードの活用法になります。ぜひ参考にしてみてください。