キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

過去の事件や訴訟について

女性社員

 

アメリカではキャットフードによって猫が病気になり、訴訟になったという例は、実に数多くあり、リコールされる有名メーカーも少なくありません。

個人的な訴訟だけではなく、集団訴訟になった例もあります。

このような過去の事件を知り、安全なキャットフードを選ぶ時の参考にしてください。

 

■ キャットフードの過去の事件の訴訟…多くの犬や猫が死亡した事件の経緯とはどのようなものだったのでしょうか?

最も大きな過去の事件の中には、2007年に起こったアメリカで販売されていたペットフードによる犬や猫の大量死事件があります。

これは、メニューフーズ社が製造したペットフードにメラミンとシアヌル酸という成分が混入していた為に発生したものです。

メラミンとシアヌル酸は中国から輸入されたペットフードの原料に使う小麦グルテンと、ライスプロテインに含まれていました。

中国の業者は、メラミンを配合すると、タンパク質の数値を高めることが出来る為、良質な材料として偽装した小麦グルテンと、ライスプロテインを輸出していたという訳です。

メニューフーズ社は、ペットフードのメーカーから委託され製造する会社の中で北米では最大の会社であった為、多数のペットフードメーカーに被害が広がりました。

そしてさらに他のペットフード製造会社でも原料を輸入していたことが発覚し、リコール数はさらに拡大していきました。

それに加えて、リコールリストにはない製品からシアヌル酸が検出される、微量でも猫は死亡してしまう恐れのあるアセトアミノフェンという成分が発見されたなどの問題が続きました。

日本でもそれらの製品は販売されていましたが、告知しない、告知してもすぐに告知ページをウェブ上から削除するなど、正規代理店の不誠実な対応が目立ったという悲しい現実がありました。

有名だから安心と考えない方が良いということですね。

また、2013年には、サルモネラ菌がドッグフードから発見され、多くの会社の製品がリコールされ、発端はアメリカですが、日本国内にも輸入されているとがわかり消費者庁からリコール情報が告知されました。

 

【まとめ】

過去にこのような事件があったにもかかわらず、2007年以降も有名なペットフードのメーカーに対するリコールや訴訟は度々おこっています。

このような場合、購入時に成分表示を確認しても判断することはできませんので、今までのリコールなどがおこった際に、正規代理店がどのような対応をしていたかということも、キャットフード選びの基準の一つに加えることが、より安全なキャットフード選びにつながるのではないでしょうか?