キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

猫にあげてはいけない危ない食べ物

猫はなんでも食べてしまいますが、食べてはいけないものが多い動物です。

19

 

とてもかわいく見ているだけで癒やされるペットの猫ちゃんには、いつまでも健やかに元気に過ごしてもらいたいものです。そのためには猫ちゃんが毎日食べるキャットフードに対する配慮が大切になることは言うまでもありません。でも猫ちゃんは意外とグルメ、人間が食べるものをほしがることもありますよね。こんなとき人間の食べ物を与えても大丈夫なのでしょうか。また危ない食べ物などはあるのでしょうか。そこで今回は人間の食べ物を猫に与える事の是非や危ない食べ物について特集してみました。

 

人間の食べ物には猫が食べられないものがある

人が横で食事をしていると猫がよってきてほしがったりします。ちょっとだけと思って分けてあげると喜んで食べるので、ついついたくさん与えてしまうことがあります。たとえば焼き魚などをあげるとかなり喜んで食べると思います。

しかし猫に人間の食べ物を与えることは基本的には推奨されません。というのも猫が必要とする栄養分は人間が必要とするものとは相当異なるからです。

人間は雑食なので植物性の栄養分を必要とし、また消化吸収する能力もありますが猫は完全肉食動物なので基本的に植物性の栄養分は消化吸収できません。

また人間の食べ物の中には塩分や調味料が多く含まれています。人間にとってはたいしたことのない量でも、身体の小さい猫にとっては塩分取り過ぎなどにつながりやすいです。

その他「肉や魚由来の食品だから大丈夫だろう」と考える商品でも添加物として猫の身体に合わない成分が含まれている可能性もあります。

ですので猫には人間の食べ物を与えることは推奨されません。

 

猫にとって危ない食べ物がある

人間にとっては何とも思わないものでも猫にとっては危ない食べ物があります。その代表的なものがタマネギやカカオです。タマネギを食べると猫の赤血球が破壊されて猫が貧血になりますし、カカオを食べると嘔吐の原因になります。ケーキなどの甘いものも虫歯の原因になるので与えてはいけません。

生肉は寄生虫がいる可能性があるので避けるべきですし、鶏レバーについては少量なら良いですが、取り過ぎると「ビタミンA過剰症」になって骨の異常の原因となります。青魚も取り過ぎると猫の必要な脂肪分まで分解されてしまうのでNGです。

さらにイカやするめを食べると猫のビタミンBが破壊され「ビタミンB欠乏症」となって瞳孔が開いてふらふらになってしまうことがあります。アワビやサザエは猫の耳の血管に問題をもたらし、最悪の場合猫の耳がとれてしまうこともありますので絶対に避けましょう。

人間の食べ物や危ない食べ物は避けて安心なものを

以上、猫に人間の食べ物を与える可否や危ない食べ物について特集しましたがいかがでしたでしょうか。

基本的には人間の食べ物は与えないことと、猫にとって危ない食べ物は避けることが猫の健康的な生活のために大切なポイントになります。

今回の特集を参考にして、毎日の猫ちゃんの食事を見直して大切な猫ちゃんといつまでも元気に仲良く過ごしていけると良いですね。