キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

猫が食事しない場合のキャットフードの与え方の秘訣

20

 

猫は結構グルメな生き物です。気に入らないと全くキャットフード(猫の餌)を食べてくれなくなることがあり、飼い主が焦ってしまうということが多々見られます。

このように猫が食事をしない場合の原因は一体何なのでしょうか。また猫が食事をしない場合どのような対処法を摂れば食事してくれるようになるのでしょうか。そこで今回は猫がキャットフード(猫の餌)を食べない場合の原因とその対処法を特集しました。

 

猫が食事しない場合の原因

猫がキャットフード(猫の餌)を食べず食事をしない場合、一体何が原因となっているのでしょうか。

この点原因としてはさまざまなものが考えられます。多いのは新しい餌が気に入らない場合です。猫は新しいものを嫌う傾向がある上、生後6ヶ月までにさまざまな餌を経験しないと、特定の種類の餌しか食べなくなるとも言われています(ネオフォビア)。また、逆に今までの餌に飽きたというパターンもあります。

さらに食器が変わったり汚れている場合、食事の時間が変わったことなども食事をしない場合の原因になります。

深刻な病気が原因になっている場合があるので見逃さないよう注意する必要があります。

食欲不振が深刻かどうかの判断基準は「24時間以上まったく食事をしない」ということです。このような状態が見られたら、すぐに獣医さんに連れて行って何らかの身体的な症状がないか検査をしてもらいましょう。

 

猫が食事しない場合の対処法

では猫が食事をしない場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

まず、病気が原因となっている場合は治療を行い食欲不振の原因を取り除く必要があります。

その他偏食等が原因の場合は以下のように対処してみましょう。

まずはキャットフード(猫の餌)の上に猫の好きなかつお節を振りかけたり混ぜ込んだりしてみましょう。このとき使うかつお節は猫用のものを選んでください。

次に猫は完全肉食の動物なので「グレインフリー(穀物不使用)」のキャットフード(猫の餌)を選んでみることもおすすめです。あるメーカーのグレインフリーのキャットフードはほぼ100%の猫が食べたというデータもあるそうです。

さらにキャットフードの上に少量のマタタビを振りかけてみたり、食器を変えてみたり水を加えて柔らかくしたりしても食べてくれることがあります。

ドライフードだけを与えている場合は、ウェットフードを混ぜてみるのも有効です。

猫を多頭飼いしている場合は、一斉にあげていたキャットフード(猫の餌)を一匹ずつあげるようにすると食べるようになることもあります。

 

猫が食事しない場合の工夫を忘れず

以上猫がキャットフード(猫の餌)を食べず食事しない場合の原因や対策を見てきましたがいかがでしたでしょうか。猫はグルメな動物で偏食も多いので食事をしてくれないという悩みに陥りがちですが、ちょっとした工夫で改善できることがあります。

今回の特集を参考に食事をしない猫ちゃんがしっかりキャットフードを食べるようになるよう、取り組んでみてください。