キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

キャットフード(猫の餌)とドッグフードの栄養を徹底比較

14

 

特に猫と犬を一緒に多頭飼いしているケースなどでときどき見られるのが、猫が犬の餌を食べてしまう現象です。猫はグルメな動物だと言いますが、犬の餌を好んで食べる子もいるようです。では猫が専用キャットフード(猫の餌)ではなく犬の餌を食べても大丈夫なのでしょうか。栄養分などの点に問題はないのでしょうか。そこで今回は猫が犬の餌を食べても大丈夫なのかどうか、キャットフード(猫の餌)と犬の餌の栄養分を比較検証して検討してみました。

 

猫と犬の必要とする栄養分は異なる

猫が専用キャットフード(猫の餌)ではなく犬の餌を食べても大丈夫なのかどうか検討する前提として猫と犬が本来必要とする栄養分について知っておく必要があります。

専用キャットフードや犬の餌には猫や犬がそれぞれ必要する栄養分が含まれているからです。

この点猫と犬では必要とする栄養分が相当異なります。そもそも猫は完全肉食動物であり、穀物や野菜から栄養分を吸収することができません。また猫はタウリンという栄養分を生成する能力がありませんのでタウリンは食物から摂取する必要があります。

これに対し犬は雑食動物なので穀物や野菜からも栄養を摂取できますし、タウリンを自己の体内で生成することができますのでこの栄養分を含まない食べ物を食べ続けても大丈夫です。

 

猫が犬の餌を食べ続けると危険

では猫が犬の餌を食べても大丈夫なのでしょうか。答えはNOです。というのも先ほどご説明したように犬は雑食動物なので、犬の餌には穀物や野菜を原料とする成分が多量に含まれています。猫がこれらを食べても毒ではないことが多いですが、猫は完全肉食動物なので穀物や野菜をまったく消化吸収できないので栄養分が足りなくなり、長期にわたって食べ続けると深刻な栄養失調状態になってしまいます。

また犬はタウリンを自己の体内で生成できますので犬の餌にはタウリンが含まれていません。栄養分としてタウリンを必要とする猫が犬の餌を食べ続けるとタウリン不足となり、さまざまな体調不良を招き、ついには失明や心筋症などの恐ろしい病気を引き起こすことになります。

よって猫が犬の餌を食べるのは危険です。猫にはきちんと専用キャットフードを与えましょう。

 

 

猫と犬の違いを知って正しいキャットフードを与えよう

以上猫と犬の必要とする栄養分の違いと猫に犬の餌を与えることの是非について検討してきましたがいかがでしたでしょうか。猫は犬と身体の構造が相当異なり必要とする栄養分も異なりますので猫が犬の餌を食べても大丈夫ではありません。特に多頭飼いしている場合などは、猫が犬の餌を食べ続けることのないようしっかりチェックし猫には専用キャットフードを与えるよう注意する必要があります。