キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

家禽ミール、ミートミール、副産物とは

家禽ミールとは

キャットフードの原材料に見られる家禽ミールとは

キャットフードの原材料欄をよく見てみてください。家禽ミールやミートミール、家禽副産物などと書かれていることがあります。しかもその含有量は多めであることが多いのです。これらには人間が食べられない肉や内臓などを使用している可能性があり、愛猫の健康を考えるのであればしっかりと調べる必要があります。

 

ペットフードの原材料で注意するべき内容物

皮、腱、神経、血管、脂肪、血液、毛、ひづめ、角、糞、胃、ルーメン(ただし、含有物を除く)、羽、頭、足、内臓、角、歯など、言葉だけ聞けばぞっとするような内容物が多くあります。これらを家禽ミール、ミートミール、家禽副産物などその内容物によって言葉が変えられています。

 

しかし中には必要なものも含まれています。例えば内臓。これはきちんとしたものであれば栄養の宝庫であり、摂取することに問題はありません。人間もレバーなどを食べるのと同じことです。鳥冠や皮、脚部も人間も食べますし問題はありません。

 

爪や羽、歯、角などは本来食べる部分ではないので避けたい部分でしょう。

 

この中から必要な肉類をきちんと使用しているかを調べるには、原材料のトップに家禽ミールなどではなく、鶏肉などきちんと材料名が書かれているものを選ぶのがいいでしょう。最近では鶏肉(チキン)、サーモンなどがトップにきているものがよく見られます。

 

カナガンは乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%となんと50%以上も使用されていると書かれていますし、シンプリーも乾燥サーモン(29%以上)、サーモン(24%以上)とこれまた50%以上がしっかりとした材料を使用していることが書かれています。オリジンは新鮮骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、新鮮鶏レバー、新鮮丸ごとニシン、新鮮骨なし七面鳥肉、乾燥七面鳥肉、新鮮七面鳥レバー、新鮮全卵、新鮮骨なしウォールアイ、新鮮丸ごとサーモン、新鮮鶏ハツ、鶏軟骨、乾燥ニシン、乾燥サーモンと素晴らしい原材料名が並んでいます。ここには製造者の自信も表れています。

 

もっとも重要なのは製造過程

そしてこれらをどう製造しているかという部分が大きな問題を占めています。病死した家禽類、家禽ミールを混ぜてミンチにしているかもしれませんし、防腐剤だらけで製造されていることも考えられます。製造過程を明らかにし、きちんと管理されている会社であれば、使用している材料も考えられたものを使っている場合が多く、信頼、安心してあげることができる傾向にあります。

 

カナガン、シンプリー、ファインペッツ、オリジンなどは製造過程も材料もできる限りオープンにし、消費者にわかりやすく開示、説明をしています。実際には原料の仕入先や原産地を書いていないキャットフードも多く、材料、家禽ミールがどう扱われているかもわからないまま、比較もできないような状況になっているキャットフードも数多くありますので、これだけ開示していくことの凄さがわかると思います。

 

まとめ

家禽ミールといっても、その内容物はいいものから悪いものまで様々です。しかし逆にいえば原材料に自信を持っている製造者はきちんと原材料名を書き、家禽ミールという言葉を使わなくても問題がないようになっています。その為一概に家禽ミールが悪いとは言えませんが、家禽ミールが含まれていないものを選ぶことがもっとも簡単で、安全なキャットフードを見極めるひとつの指標となっています。

 

家禽ミールの含まれていないキャットフード

カナガン

canagan

 

口コミ評価 ★★★★☆ 4.7/5 (口コミ件数 13件)

 

btn_conv

シンプリー

simply

 
口コミ評価 ★★★★☆ 4.7/5 (口コミ件数 5件)
 

btn_conv

Finepet’s

finepets

 
口コミ評価 ★★★★☆ 4.7/5 (口コミ件数 5件)
 

btn_conv

オリジン

orijen

 
口コミ評価 ★★★★☆ 4.6/5 (口コミ件数 6件)
 

btn_conv