キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

体格や年齢違いによるキャットフードの正しい与え方

10

 

キャットフード(猫の餌)をよく見てみると、カロリー表記がなされていますが、高カロリータイプやダイエット用、子猫用や成猫用、老猫用など猫の体格の大きさや成長段階に応じてさまざまなタイプが売り出されています。これらの体格や月例(年齢)に応じたキャットフードは、いったいどのくらいの量を与え、どのように使い分ければ良いのでしょうか。大きな子猫の場合は成猫と同じでも大丈夫なのでしょうか。

 

そこで今回はキャットフード(猫の餌)の選び方について、猫の体格の大きさや大きなサイズの子猫と成猫の違いなどについて特集してみました。

 

キャットフード(猫の餌)は猫の大きさ、体格によって違いがある

キャットフード(猫の餌)を見てみると、必ずカロリー表示がなされています。100グラムあたりのカロリーが表記されていることが多いでしょう。そしてキャットフードのタイプも高栄養タイプからダイエットタイプ、一般的な成猫用からシニア猫用などさまざまです。

 

このようなキャットフード、どのくらいの量を与え、どのように使い分けるのが良いのでしょうか。まず、猫は大きさや体格が猫の種類や個体によってかなり異なります。一番小さな種類ですと2キロ弱しかない猫もいますし、大きなものだと10キロを超える個体もいます。これらの体格の違いがある猫が同じキャットフードを食べて良いわけがありません。猫は1日に体重×70~80キロカロリーのキャットフードを食べるのがちょうどよいとされています。ただ老猫になると必要なカロリー数は落ちますし、ダイエットが必要な猫ならカロリーを減らす必要があります。

 

逆に筋肉質で運動量の多い猫種の若い猫なら少し多めにキャットフードを与えるなど個体に応じた工夫は必要です。肥満の猫ならダイエット用、老猫にはシニア用のものを与えるなどの使い分けも有効です。

 

大きな子猫と成猫は違いがある

では大きな子猫の場合は成猫と同じキャットフードを与えて良いのでしょうか。違いはあるのでしょうか。この点確かに体重だけで考えると大きな子猫の場合成猫と同じキャットフードを与えて良いようにも思えます。しかし子猫の場合、身体をどんどん成長させなければならないため、成猫よりも相当多くのカロリーを必要とする上、身体作りのために成猫よりもたくさんの栄養分を必要とします。たとえば成猫は一日のカロリー数が70~80キロカロリー×体重と言いましたが、子猫の場合200キロカロリー×体重になります。

 

よって身体の大きさが成猫と同じだからといって子猫に成猫と同じキャットフード(猫の餌)を与えることは推奨されません。子猫には成猫と違いがありますので、この違いに鑑みたキャットフード、やはり子猫用のものを与えることが大切です。

 

体格や成長段階に応じたキャットフードを与えよう

以上猫の体格の大きさや大きな子猫の場合によって適切なキャットフードに違いがあるのかどうかについて特集してきましたがいかがでしたでしょうか。キャットフードは猫の体格の大きさを基準として、その猫の運動量や年齢に応じて使い分けましょう。子猫の場合は大きな子猫であっても成猫とは違いがありますのでキャットフードも子猫用のものを用いることが推奨されます。