キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

猫に必要な栄養素を知ってキャットフードを選ぼう!

6

 

毎日猫に与えるキャットフード(猫の餌)ですが、これにはいったいどのような成分が含まれているのでしょうか。キャットフードを与えていれば猫に必要な栄養素はすべてまかなえるものなのでしょうか。また猫に必要な栄養素は人間とは異なるのでしょうか。そこで今回は、キャットフード(猫の餌)選びに参考にしたい、猫に必要な栄養素について特集してみました。

 

猫に必要な栄養素

猫に必要な栄養素を検討するに際し、猫が完全肉食動物であることを認識しておく必要があります。

人間や犬は雑食動物なので穀物や野菜から栄養分を採れますが、完全肉食動物である猫はこれらの素材からは栄養分を摂取できないのです。このこととも関連しますが、猫にとって炭水化物はそれほど重要な栄養素ではありません。

まったく消化吸収できないと言うことはありませんが、餌に少しだけ含まれている、という程度で十分な栄養素になります。

反対にタンパク質は猫にとっては必須の重要な栄養素だと言うことになります。

タンパク質は脂質や炭水化物から合成することができず、食事から摂取する必要があります。よって猫の食事はこのタンパク質がメインになります。

タンパク質が分解されてできる必須アミノ酸も猫にとってはとても重要な栄養素です。たとえばこの必須アミノ酸のうちタウリンが不足すると猫は目が見えなくなったり心筋症にかかるなど重篤な事態に陥る可能性があります。

さらにエネルギーの元となる脂質やビタミン、ミネラルも猫にとって必要な栄養素となります。

ただしこれらは取り過ぎると肥満や各種のビタミン過剰症となり、猫の身体に悪影響を及ぼす危険性があります。

 

必要な栄養素を摂るために

猫に摂って必要な栄養素がなんであるかはわかりましたが、これらを摂るためにはどのようなキャットフードを選べば良いのでしょうか。

この点、「総合栄養食」と記載のあるキャットフードを選べば最低限猫にとって必要な栄養素は摂れるようになっています。「一般食」だと栄養素が足りずさまざまな不調の原因になりまので気をつけましょう。

そして総合栄養食の中でも、猫が完全肉食動物であることに鑑みれば「穀物不使用」や「高タンパク質」「高品質の肉魚を使用」しているものなどを与えることが推奨されます。

猫の体格に合わせて肥満気味なら脂質を抑えたダイエット用のキャットフードを与えたり、成長期の子猫には必要な栄養素が多量に含まれた子猫用キャットフードを与えることもおすすめです。

 

猫に必要な栄養素が含まれた良質なキャットフードを選ぼう

以上猫に必要な栄養素とそれが含まれたキャットフードの選び方を特集しましたがいかがでしたでしょうか。

猫は完全肉食動物であり、必要とする栄養素も人間とは相当異なります。このことに鑑みて、猫に必要な栄養素がバランスよく配合されて素材にもこだわった良質なキャットフードを与えるようにしましょう。