キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

キャットフード(猫の餌)をふやかす?

キャットフードもドライフードとウェットフードの二種類があります。一般的にドライフードをあげることが多いように思いますが、子猫や老猫の場合はどうでしょうか。

 

fuyakasu

ドライフードをふやかす?

柔らかいウェットフードがあるのに、硬いドライフードをわざわざふやかしてあげることの意味から考えてみましょう。まず猫によってドライフード、ウェットフードで好き嫌いがあります。ドライフードしか食べない猫の場合、ふやかす状況も出てくることが考えられます。

 

子猫などどうしても食べられない場合はミルクやお水に15分、30分程度ふやかしておくとかなり柔らかくポロポロとした状態になります。ただしお湯ではふやかさない方がいいと言われています。それはドライフードに含まれるビタミンなどの栄養素が壊されてしまうから。子猫、老猫がやっと食べてくれも栄養素のないものを食べさせていては大変です。常温のお水、ミルクでふやかすようにしましょう。

 

そしてふやかしたドライフードは食べないという猫もいますので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

ふやかした時の注意点

一度ふやかしたものはカリカリの状態に比べ腐りやすくなっています。温度でも状況が大分変わりますので、ドライフードのように起きっぱなしにしないように気をつけましょう。その子に合った食べきれる量をふやかすのがベストですが、水やミルクにはドライフードの栄養分も染み出していますので、これらも摂取できるように余り水分が残らない程度がいいかもしれません。

 

そしてふやかすと匂いが強く出るドライフードもあります。匂いが原因でいつもと違うキャットフードだと感じると食べない場合があります。

 

ドライフードをふやかすことで柔らかくなりますが、消化吸収はカリカリの状態と同じですので、ただ硬くなくなっただけのものです。慣れた後はカリカリのままあげるようにしましょう。

 

 

 

子猫、老猫にあげる時にはやはり「食べて栄養を摂取すること」を一番に考えてあげることが大切です。必要であればふやかして、管理をしっかりとしてあげましょう。