キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

ウェルネス


原材料 骨抜きチキン、チキンミール、白米、粗挽き大麦、粗挽き白米、鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、鶏レバー、サーモンミール、チキンエキス、トマトポマス、クランベリー、チコリ根抽出物、クランベリー抽出パウダー、クランベリー繊維、粗挽き亜麻仁、乾燥こんぶ、ラクトバチルス・プランタルム※、エンテロコッカス・フェシウム※、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィラス※、ユッカ抽出物、L-カルニチン、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、ベータカロテン、A、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸、C)、ミネラル類(塩化カリウム、亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、鉄タンパク化合物、硫酸第一鉄、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)
総合評価 ★★★★☆ /5 (口コミ 件)
 

ウェルネスの特徴(猫のごはん調べ)

ウェルネス

ウェルネス社としては新しいが、歴史ある会社が統合してできた、長い歴史、経験のあるペットフード会社

ウェルペット社は2008年に90年の歴史を持つオールドマザーハバード社と、40年以上の歴史を持つイーグルパック社の統合で誕生しています。ウェルペット社としての経験はまだ8年程度ですが、ウェルネスブランド自体はオールドマザーハバード社が1990年代に開発が進められ、1997年にドッグフード、2000年にキャットフードが誕生しています。

 

ウェルネスが提案している栄養バランスとは、たんぱく質、脂肪、炭水化物の理想的な配合を意味しています。中でも犬、猫にとって最も重要なたんぱく質に最もこだわっており、高品質なたんぱく質源を使用。抗酸化栄養素が豊富な野菜や果物などにも注目。肉副産物、小麦、とうもろこし、着色料、香料は含んでいません。

 

その名前の通り、ペットの生活を包括的に考え、精神的、肉体的に健康を目指すペットフードです。

品質管理プログラムも公表されています

製造工程における管理手法として、バクテリアの繁殖、外注の混入防止対策、施設内の温度のモニタリング、最終製品分析テストを実施。原材料提供者のもとへ定期的に訪問し、いい原材料を継続して供給できる関係を築いていくことも大切な要素のひとつとして考え、原材料生産から、製造まで一環して品質管理を行っています。

キャットフードの種類

ウェルネス猫用

  • 子猫用(離乳期~1歳)骨抜きチキン
  • 成猫用(1歳以上)骨抜きチキン&米
  • 成猫用(1歳以上)サーモン
  • 体重管理用(1歳以上)骨抜きチキン
  • 室内猫用(1歳以上)骨抜きチキン
  • 高齢猫用(7歳以上)骨抜きチキン

 

ウェルネスコア(穀物不使用)猫用

  • 子猫用(離乳期~1歳)骨抜きチキン七面鳥
  • 成猫用(1歳以上)骨抜きチキン七面鳥
  • 成猫用(1歳以上)オリジナル
  • 室内猫用(1歳以上)骨抜きチキン

 

と豊富な種類があり、これ以外にもウェットフード、おやつが発売されています。

ウェルネスの口コミ

まだ口コミがありません。

※いただいた口コミの改行を揃えたりと文体を編集部で一部改変しています。ご了承ください。
※評価点数は口コミ収集時の各質問に点数をつけ、総獲得点を掲載しています。

猫のごはんドライフードランキングはこちら