キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

猫の病気でかかる金額

bsHIRA85_rioncutnoosunekonoyoko20140717001

猫が病気になった時、病院に連れて行く以外にできることはありません

しかし猫は人間のように国民皆保険制度ではないので、ペット保険に加入していない場合には多額の治療費がかかることはご存知でしょうか。しかも同じ病気であっても同じ金額ではありません。入院が必要になればいくら、手術、薬が必要ならいくらと芋ずる式にその金額は高くなっていきます。

 

ただの下痢でも5,000円から6万円かかったという話まで、下痢であっても原因が違えばかかる金額も、治るまでの時間も大幅に変わってきます。猫がかかりやすい病気のひとつとして尿路結石がありますが、尿路結石も入院・手術・薬など治療方法、回復力、程度の違いで3万円程度からなんと80万円という人も・・・

 

 

病気にかかった金額一例

猫風邪 5,000円

下痢 5,000円

下痢 60,000円

外で怪我 8,000円

耳ダニ 10,000円

部分的にハゲた 10,000円

皮膚病 20,000円

ヘルニア 30,000円

膵臓炎 50,000円

脱腸手術 50,000円

腎臓炎 100,000円

ケンカ怪我が膿んだ 50,000円

猫伝染病腹膜炎 60,000円

事故・手術 200,000円

交通事故・骨折・入院・手術 500,000円

足切除手術 200,000円

腎不全 250,000円

ガン手術 500,000円

尿路結石 400,000円

尿路結石・手術・入院・薬 500,000円

尿路結石・手術・入院・薬 800,000円

尿路結石 150,000円

 

しっかりとした価格設定で、頼れる病院を探しておくことは絶対ですが、それでもいざという時には保険がない分、高額の医療費を請求されることも少なくはありません。それほど高額ではありませんので、保険に入っておくこともオススメですが、常日頃から愛猫が病気にならないように食事や運動に気を使ってあげるということはとても大切なことになってきます。

 

愛猫の健康に気を使おう

 

やはり愛猫の健康には、食住が大切です。体にいい食事、ほどよい運動ですね。

 

猫の種類によっては温度変化にも気を配らなくてはいけません。真冬で育つことを前提とした長毛種が、クーラーもついていない夏の暑い部屋で過ごしていてはすぐにバテてしまいます。

 

身の回りにある観葉植物にも注意です。猫には毒物が500種類以上もあるといわれています。人間にとってなんでもないものでも、猫はすぐに口に含んだり遊んでしまいますので、思わぬところで毒を摂取して亡くなってしまったなんてことがよく起こってしまいます。

 

人間の生活にとても近いところで暮らしていて、なんとなく一緒に過ごすことができてしまう猫ですが、人間とは違う生き物であることをしっかりと把握して共生していくことが大切です。

 

それでも病気や怪我をしてしまったら少しでも早くに病院へ連れて行きましょう。猫は体の小さい生き物です。尿路結石になり、おしっこが出せないまま気付かずにいると尿毒症でわずか数日で亡くなってしまいます。猫によくある病気ですが、早く気づくことでしか助からないとても怖い病気です。常に愛猫の様子を観察し、異変があったらすぐに病院へ。