キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

キャットフード通販で気をつけること。正規品と並行輸入品の違いも解説

キャットフード通販

キャットフードを通販で購入する人は約半数と言われています。

パソコンもスマートフォンも普及し、身近になった通販ですが、まだまだ注意する点がありますので解説していきます。

同じ商品で値段が違う理由

通販では同じ商品で値段が違うケースが沢山あります。店頭より通販が安いのは人件費や店舗の場所代がかからないからです。

通販ショップごとに値段が違う理由はいくつかあります。

  • 単にショップごとに割引率が違う
  • 大量仕入れができるショップは安く仕入れることができ、販売価格が安くなる
  • 賞味期限が迫っているなど訳あり品
  • 正規品か並行輸入品か

この中でも一番気にしなくてはいけないのが正規品か並行輸入品かです。

キャットフードにおける正規品と並行輸入品の違い

一番の違いは輸入方法と保管方法です。まず正規品も並行輸入品も製造した時点では同じものなので、品質に違いはありません。しかし輸入方法や保管方法で品質に違いが出てきます。

海外製造であっても正規品は正式な輸入ルートで輸入され、保管場所もきちんと管理されています。

コンテナ混載によるダメージ

しかし並行輸入品は大量に輸入しないため、様々な輸入者の小口荷物と一緒にコンテナに同梱されて運ばれてきます。このため他に何が積まれているかわからない状態で運ばれてきます。

さらにコンテナ内の荷物は荷主がバラバラなので降ろす国も違うことがあります。港に着くたびにコンテナを下ろし、港に長時間コンテナを降ろし、再度積み込む作業が繰り返されます。

さらにコンテナ船の降ろしやすい上部に載せられるので、日光の影響をダイレクトに受けることになり、コンテナ内の温度も上がりやすくなります。

保存環境

少量で運ばれてきたキャットフードを管理の行き届いた大きな倉庫に保管すればコストが見合わなくなりますので、小口用の小さな保管場所に保管することになります。

決して環境が整っている場所ばかりではなく、レンタル倉庫のような環境もあります。

パッケージの違いで見分ける

多くの通販ショップでは並行輸入品の場合は「並行輸入品」と書かれていますが、書かれていない場合にはパッケージの確認も見分ける要素のひとつです。

多くの国内正規品は日本語パッケージを準備して説明や成分表示を日本語で行っています。

これに対して並行輸入品は海外で売られているものをそのまま輸入するので、パッケージが英語や現地の言葉であることがほとんどです。

偽者である可能性はあります

ないとは言えないのが現実です。ですがキャットフードは高価なものではないので偽者を作る意味を考えるとそれほど多いわけではありません。

ブランドのキャットフードの偽者を作って安く売ってもデメリットに対してメリットが上回ることは考え難いうえに、それならば安いキャットフードとして普通に販売した方が得策ではないでしょうか。

安全できる食べ物を与える為に

通販で購入する際には「国内正規品」であることを確認した上で、レビューなども確認する必要があります。余程のことがなければ悪い評価ばかりということは考えずらいですし、国内正規品と言っているのに送られてきたものが並行輸入品だった場合にはレビューに書かれていることでしょう。

Amazonや楽天など大手だから大丈夫という考え方はやめましょう

Amazonでも中国の業者が偽者を販売していることを幾度か確認したことがあります。レビューは当然星1ばかりで、クレームの嵐でした。買う時にはサイト自体の信用性ではなく、買うお店の信頼性を確認してから購入しましょう。