キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

キャットフードは人間が食べても大丈夫?本当のことを教えます!

catfood-ajimi

食べられるか食べられないかといえば食べられる

食べられるか食べられないかという意味でいえば、食べられるということになると思います。

ですが「食べていい」わけではありません。キャットフードは人間が食べる食料品ではないので、人間が食べても大丈夫といった表記はできません。

例えば家禽ミートなどは人間が食べる品質にない肉副産物なども含まれています。また人間には使用禁止されている酸化防止剤が使われている商品もあります

これは直接的に人間が食べたら危険だと言っているわけではありませんが、人間が食べるためには作られていないことを知っておきましょう。

薄味で決しておいしくない

キャットフードは非常に薄味に作られています。なので美味しくはないでしょう。高級キャットフードを作っているシーバなどでは人間が食べても美味しいと感じる程度のうまみでカバーしていたりする商品もあります。

食品安全基準がない

動物は残念ながら人間とは扱いが違います。人間の食べるものには食品安全基準であったり、食品衛生法で職に対しての安全性が守られています。これに則っていなければ販売することができません。しかしキャットフードのような猫が食べるものには安全基準は設定されていないので、動物愛護の目線から考えれば問題点ではありますが、実質猫のエサとして何を売っても問題がないことになっています

さらに猫にとってもよくないことですが、キャットフードには家禽ミールが使われていることが多くあります。中には病死した廃棄肉が使われていることもありますので、人間が食べる場合にはキャットフードの材料を確認する必要があります。だからといってそのようなキャットフードを猫が食べてもいいということではありませんので、家禽ミールを含むキャットフードを猫にもあげないように飼い主がしっかりと調べる必要があります。

信頼できるメーカーからキャットフードを買うべき

上記の理由からキャットフードの安全性はメーカーに任されている状態なので、信頼できるメーカーからキャットフードを買わなくてはいけません。ではどのようにして信頼できるメーカーを探すかですが、まずは製造過程の公開をしているメーカーがありますのでホームページなどで確認してみましょう。製造過程を公開しているメーカーは概ねどんな食材を使用しているかも公表している場合が多く、むしろそこに自信を持って販売している姿勢が見られる傾向にあります。

キャットフードは人間が食べれても、人間のフードは猫に与えない方がいい

猫にとって必要な栄養素、成分は人間に比べると非常に少ない為、人間用に味付けをしたものを猫に与えると過剰摂取になってしまいます。その結果病気になることがありますので、人間の食べ物をあげることはNGです。猫には猫、人間は人間の食べ物を選んで食べるようにしましょう。