キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

【猫の味覚】好きな味と嫌いな味は?

味覚は猫にとって生きていく上で必要不可欠な感覚です。では猫はどのような味を認識できるのか、またどの味を好んで食べるのか解説します。

基本的な味覚

基本的に犬や猫は味を4種類感じています。

  • 甘味
  • 酸味
  • 塩(辛)味
  • 苦み

この4種類の味を組み合わせることで食べ物は様々な味を出しています(人間はこれに旨味がプラスされます)。

猫が味覚を感じる器官

猫は4つある味の中で強く感じられる味とあまり感じられない味があります。

  • 酸味苦味 → 敏感に感じ取れる
  • 塩(辛)味甘味 → あまり感じ取れない

犬は苦みをほとんど感じることができませんが、苦みで毒があるかどうかの判断をする程度には苦みを感じることができますが、猫は塩味も甘味もあまり感じ取ることができないと言われています。

猫は味を感じ取る器官である「味蕾」の数が、

  • 人間(1万個弱)
  • (2,000弱)
  • (800個程度)

このように少ないことが分かります。ですので人間が美味しいと思って与えても、食べ物によっては猫が無味だと感じているかもしれません。

(しかし猫はニオイや食感、人間には分からない水の味などには敏感です。)

猫の4つの味覚

酸味は猫が最も敏感に感じる味覚

猫が最も敏感に感じ取れる味覚酸味です。

猫は肉食性動物なので、大好きな肉が腐っていないかを判断するために酸味が発達したと言われています。肉を主食とする猫にとって、酸味が最も重要であったというわけです。

そして猫は酸味が大好きです。意外なような気もしますが「猫は酸っぱさに旨味すら感じている」とも言われています。

苦味は次に敏感な味覚

猫が次に敏感に感じるのは苦味です。

猫は酸味が最も強く味覚として感じられますが、苦みもかなり強く感じており、猫にとって嫌いな味の部類に入ります。他の動物たちと比べても猫は段違いで苦味を強く感じています。

苦みもまた酸味と同じで猫が肉が腐っているか、体の毒にならないかを判断するために必要だったので発達したようです。

塩(辛)味あまり感じられていない

猫にとってあまり味を感じられない味覚は、塩(辛)味です。

猫は元々塩分をほとんど必要としない動物なので、塩(辛)味の物を摂る必要がありません。むしろ塩分を取り過ぎる方が猫にとってはよくないので気を付けてあげなければなりません。

猫は塩(辛)味を感じられないので、塩辛い塩分が沢山入った食べ物やキャットフードでもパクパク食べてしまうことがあります。知らず知らずの内に塩辛い物を与えすぎているかもしれないので、塩分量を確認してから与えてください。

甘味はほとんど感じられていない

猫がほとんど感じられない味覚は、甘味です。

猫は遺伝的に甘味を感じにくい動物として知られていますが、それは遺伝的に猫が甘みを感じる細胞を持っていないことが理由として挙げられます。犬や人間は甘味のあるものは好きである傾向が強いですが、猫は甘味があっても好んで食べることはありません。

アミノ酸などには感受性を強く見せるものの、糖として甘味に感受性が出ているわけではありません。

しかし最近は子猫の頃から人間や人間の食べ物に触れ合ってきたことで、猫が甘い物を求めることもあるそうです。飼い主の真似をしているのか、本当に甘い物を欲しているのかは分かりませんが、そのことから「猫によっては甘味を感じているのではないか」「甘みを好んでいるのではないか」とも言われ出してきています。

キャットフードはどんな何味?

もちろんキャットフードによって味は変わってきますが、甘い・辛い・酸っぱいなどの味はなく、軽い塩味を感じる程度の薄味になっています。

ウェットフードはまさにツナのような感じの物が多いです。猫は味よりもニオイや食感の方を楽しむので「何味!」というはっきりした味のキャットフードはあまりなく、生臭さや後味、香りが強い印象です。