キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

キャットフード以外で猫に与えられる食べ物

猫の基本的な食事

猫を飼っている人の多くはキャットフードを利用していると思います。猫の食事には様々な栄養素が必要になると同時に、摂取しすぎてはいけない成分も沢山あるので普段は栄養バランスをしっかり考えられたキャットフードを与えるのが猫の健康のためです。

しかし猫を何年も飼っていれば、

  • キャットフードを切らしてしまった!
  • 急にキャットフードを食べなくなってしまった…

ということもあるかもしれません。そのような時に「キャットフード以外の物で猫に食事を与えられないか」と悩んだことがある飼い主さんもいるのではないでしょうか。

そこで今回はキャットフード以外の物で、猫に与えられる食べ物と与え方をご紹介したいと思います。

猫に与えられる食べ物

猫に与えられる食べ物は次のようになります。

  • 鶏肉
  • 玉子
  • 魚(生魚・青魚を除く)
  • 芋類
  • 鰹節
  • のり(味付けなし)
  • 白菜・レタス

猫にはたんぱく質をエネルギーに変えられる動物なので、たんぱく質が豊富に含まれる肉・魚・玉子は猫にとって嬉しい食材です。

野菜は食物繊維によって腸が活性化されるので、便秘気味の猫や毛玉が多くて困っている猫には良いかもしれませんが、与え過ぎると猫が下痢になってしまうことがあるので、与える量は注意しましょう。鰹節やのりもまた下痢の原因になるので与えるなら少量にとどめておいてください。

猫への与え方と注意点

猫への与え方

肉・魚・玉子は与える時にはしっかり火を通してから与えます。魚は骨をしっかり抜き、生ではなくゆでたり焼いたりして加熱処理をしてから与えるのが望ましいです。

また調味料なども使わないでください。猫のために味を付けてあげたいと思うかもしれませんが、猫に味付けは不要です。むしろ素材のニオイや風味が残っている方が食いつきが良いはずなので、なるべく加熱以外はせずに与えましょう。

猫に与えるときの注意点

  • 火をしっかり通す
  • 調味料は使わない(味付け不要)
  • 沢山の量を与えない

最後の注意点沢山の量を与えすぎないようにする」もどの食べ物にも共通しています。

キャットフードでない食事は、猫にとってカロリーが高すぎたり必要な栄養素が補えていなかったりと栄養素が偏っている状態です。その状態でさらに沢山の食事をしてしまうと猫の体の負担になります。ですのでキャットフード以外の物はあくまでつなぎ、軽いおやつ、非常食程度と考え、なるべく早くキャットフードに戻してあげましょう。

関連記事:猫が食べてはいけない身近な食べ物