キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

体格や年齢違いによるキャットフードの正しい与え方

10

キャットフードの摂取量の計算方式は体重が関係する

猫は猫種によって体格に違いがあります。一番小さな種類では2キロ弱しかない猫もいますし、大きな猫では10キロを超える種類もいます。こうした大きさに違いがある猫に同じ量を与えていては非常にバランスが悪くなってしまいます。

そこでキャットフードの推奨摂取カロリー計算には体重が用いられています。ほとんどは猫の体重別にキャットフードを何グラム摂取すればいいかが書かれていると思います。

猫は1日に体重×70キロカロリー程度がいいとされています。

老猫や肥満猫など状況によって変わる

ただ老猫になると必要なカロリー数は落ちますし、ダイエットが必要な猫ならカロリーを減らす必要があります。

逆に筋肉質で運動量の多い猫種の若い猫なら少し多めにキャットフードを与えるなど個体に応じた工夫は必要です。肥満の猫ならダイエット用、老猫にはシニア用のものを与えるなどの使い分けも有効です。

体重で考えるとはいえ、成猫と大きな子猫は違う

体重だけで考えると、成猫と大きな子猫で体重が同じ場合には同じ量を与えて良いようにも思えます。

しかし子猫の場合、身体を成長させるために必要な栄養量が必要なので、成猫よりも多くのカロリーや、身体作りのための栄養分を必要とします。

子猫用キャットフード(キトゥン)を与えてください

こうした点を考慮し、キトゥンといわれる子猫用のキャットフードがあります。子猫の成長に合わせた栄養素量を配合していますので、細かいことを考えなくても大丈夫な配合がされています。

推奨摂取カロリーは各社、各団体で違う

先に紹介した推奨摂取カロリーの計算式ですが、実はメーカーや団体によって推奨している計算式が違います。

NRC(全米研究評議会)推奨

  • 70×体重(kg)kcal/日

一般社団法人ペットフード協会推奨

  • 70+30×体重(kg)kcal/日
  • 70×体重(kg)の0.75乗kcal/日

各社採用の安静時エネルギー要求量(PER)計算式

  • 70+30×体重(kg)kcal/日
  • 60×体重(kg)kcal/日

このように、例えば3kgの猫なら1日の摂取量で50kcalも違いがでてきます。

キャットフードのパッケージに書かれている給与量を参考にしましょう

キャットフードごとに消化吸収率も違いますので、メーカーごとに摂取する量は当然違いが出てきます。

このため、一般的な計算式はあくまで参考値であり、余り当てにはならないということを覚えておきましょう。

その点キャットフードのパッケージに書かれている給与量はメーカーで計算されて表示されていますので、そちらを参考にしつつ、愛猫に合わせて与えるのが最もおすすめの方法です。