キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

安いキャットフードは大丈夫?おすすめのキャットフードと活用法

18

「なるべく猫には良くしたいけど、そこまでお金をかけられない…」という人や猫を多頭飼いしている人は、安いキャットフードは非常に重宝すると思います。しかし本当に猫たちの体に悪影響はないのか、安全性に疑問があることも事実です。

そこで今回は安いキャットフードについてと通販について紹介していきます。

安いキャットフード(激安商品)は大丈夫?

猫を多頭飼いしている方が多く利用しているのが、ホームセンター等での安いキャットフード(激安商品)の利用です。3キロでも1000円以下といった商品も存在します。

人間が食べられない原材料も使用

こうしたキャットフードですが、人間が食べるものではないので使用原料や表示についての規制が緩く、人間が食べるためには使用されない材料(家禽ミール、ミートミールなど呼ばれる原料)が使われていることもあります。

また人間には使用してはいけない添加物や保存料の使用が許されています。

関連記事:家禽ミール、ミートミールとは?爪や毛が含まれた肉副産物

これらのおかげで安価なキャットフードがあることも事実です

しかしそれらを使うことで安くできていることも事実です。これらを原因として猫が死んでいるという科学的な根拠はなく、現代ではむしろ猫の寿命は延びる一方です。

そのため、こうしたキャットフードも飼い主が納得の上で購入し、活用するかしないかを決めていけばいいを思います。

安いキャットフードの代表的なメーカー「カークランド」

日本でも有名になったコストコですが、このコストコオリジナルのキャットフード「カークランド」は非常に安価で販売されています。

Amazonの実売価格では11.34kgで3,800円ほどで、十分に激安価格なのですが、これが店頭販売となると1,800円前後で購入可能です。

猫がほとんど消化できない穀物である玄米や白米の配合量が多くなっていますが、鶏肉やチキンミール(乾燥鶏肉)の配合量が非常に多くなっていて、価格の割には考えられた原材料を使用していると言えます。

しかし量が多くて安くても開封後は一ヶ月を目安に使い切るのがおすすめ。さすがに11キロものキャットフードを一ヶ月で使い切るには大体5匹以上の猫がいる場合となります。

「定期通販」を利用しよう

しかしもし、少しでもキャットフードを安く買いたい場合には定期通販がおすすめです。

Amazonなど大手通販サイトでも「定期通販」を選ぶことで10%程度割引で購入することができます。また、様々なメーカーの公式サイトで定期通販をおすすめしており、割引があったり、割引がなくても定期的なプレゼントを行っています。

キャットフードは変更することが少ないので、与えるキャットフードが決まった時点で定期通販があるかを調べて購入することで、継続するだけお得になっていきます。

プレミアムフードではサイエンスダイエット辺りの製品がおすすめ

当サイトで自信を持って「激安フード」といわれるキャットフードをオススメすることはできませんが、プレミアムフードの中では安い部類に入る「サイエンスダイエット」はオススメできるひとつといえます。ペットショップでも最初からサイエンスダイエットを与えていたり、獣医師の薦めで始める方も多いフードです。

ロイヤルカナンもオススメできますが、家禽ミートが入っている点には注意。家禽ミートは亡くなった家畜の骨や血液まで全てをミキサーにかけたミートのこと。この中には病気で亡くなった家畜も含まれてると言われています。

また猫は食物繊維の類を消化吸収できないため、これらを取り除いたグレインフリーと言われているキャットフードも存在します。「カナガン」や「オリジン」もこのうちのひとつ。当サイトでも一番人気で自信を持って薦めています。その他、グレインフリーではなくても調整され、必要分のみ入れているキャットフード「シンプリー」もありますので、選択肢の一つと考えてみるのがいいのではないでしょうか。