キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

猫の腎臓病とは?症状と対処法。控えるべき成分はリン、ナトリウム、たんぱく質

4

高齢猫がかかりやすい代表的な病気が腎臓病です。

特にペルシャ猫など先天的に腎臓病にかかりやすい猫種があり、日頃から注意が必要です。腎臓病にかかると体内の毒素を体外に排出できなくなり、最終的には死に至る場合があります。

どんな猫でもかかる可能性がありますので、しっかりと予防を意識しておきましょう。

猫の腎臓病とは

猫の腎臓病とは、たんぱく過剰な食事で体内のミネラルバランスが崩れて血液中に有害な老廃物が増え、腎臓に負担をかけることで発症します。

特にペルシャ猫ヒマラヤンなどの種類の猫は、「多発性嚢胞腎」という腎臓が肥大して機能しなくなる病気に先天的にかかりやすい特徴を持っています。

猫が腎臓病にかかると、

  • 異常に水を飲む
  • 頻繁にトイレに行くのに尿が出にくくい
  • (反対に)尿量が増える
  • 体重が減る
  • 元気がなくなりぐったりする様子が増える

などの症状が現れます。そして慢性腎不全に発展すると最終的に死に至ります。腎臓病は猫の死因の2割を占めているとも言われる恐ろしい病気です。早期の対処が重要ですから、何か気になる兆候があればすぐに獣医さんに連れて行きましょう。

 

腎臓病の猫が控えるべき成分

腎臓病の猫が控えるべき成分は、塩分(リン、ナトリウム)悪質なタンパク質です。

「この2つの成分を完全に排除したキャットフードを与えなければいけない!」というのは難しいですが、腎臓病のときはなるべく控えましょう。

量販型のキャットフードには猫の食欲を増進するために多量の塩分が含まれているので注意してください。普段は大丈夫でも腎臓病の猫にとっては大きな負担になります。もともと猫はそれほど多くの塩分を必要としない動物なので、腎臓病中に塩分摂取をしなくても問題はないので安心してください。

また過剰なタンパク質も血液中の毒素を発生させ腎臓に負担をかけます。もちろん悪質なタンパク質摂取も腎臓病の猫にとっては命取りになるので、キャットフードを与える前に動物性のタンパク質はどんな原材料が使われているか(ミールなどは内容物がわからないので注意)しっかりチェックしてください。