キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

猫の肝臓病とは?原因や症状、家でできる改善方法を解説

5

猫の肝臓病は珍しいものではなく、年齢とともにかかりやすくなってきます。特別な症状ではないので、予防の観点からも常に気をつけていけるようにしましょう。

猫の肝臓病とは

猫の肝臓病も基本的には人と同じです。原因はウイルスや細菌によるものもありますし、糖尿病などの他の疾患から続発する形で発症することもあります。肝臓は沈黙の臓器とも言われているので、症状が出始めるころには随分進んでいるケースが多いのも特徴です。

肝臓病の症状としては、まずは猫の元気がなくなり、食欲不振や下痢で体重が減ったり、嘔吐を繰り返したり、腹水がたまってお腹がふくれたり、ひどくなると黄疸が出てきます。

急性肝炎で急に症状が出れば判断することができ治療可能ですが、ほとんどの場合は初期状態で判断するのが難しいため、進行してから気づくケースが多くなっています。

猫肝臓病の症状

  • 食欲がない
  • 白目や歯茎が黄色くなる黄疸
  • 元気喪失
  • 嘔吐
  • 水を飲む量が増え、おしっこも増える
  • 体重減少

猫の場合「肝リピドーシス」に注意

いわゆる脂肪肝です。脂肪が肝臓に集まることで肝臓病と同じ症状がでます。

急なダイエットや環境の変化で起こり、肝リピドーシスによって太っている猫が全く食べなくなることがあります。1日以上全く食べない場合には早急に病院へ連れて行ってください。

猫肝臓病の対策

猫にとって大切なたんぱく質ですが、たんぱく質を分解、代謝した時にでるアンモニアが解毒できずに高アンモニア血症の危険があります。このためたんぱく質を抑えた食事を行います。

また必要以上に食べなくても十分な栄養が摂取できるように、少しの食事でも消化吸収率の高くしっかりと栄養を摂取できる食事にします。

家でできる肝臓病対策

グレインフリーキャットフードで効率的な食事を

こうした食事は安価な穀物入りのキャットフードでは必要な栄養分を摂取するためには多くの量を食べる必要がありますので、グレインフリーキャットフードのような消化効率のいいキャットフードで少量でもしっかりと栄養を補給できるキャットフードがおすすめです。