キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

猫の口腔内の病気について。口内炎や歯周病が命に関わることも!

2

人間の場合、虫歯や口内炎などは治せるので大きな問題とは感じていないかもしれませんが、猫にとって口腔内の病気は大きな問題となり、死を招くこともある病気です。

普段から猫の口腔内を清潔に保ち、問題がないかを定期的にチェックするようにしましょう。

死を招く口腔内の病気

猫の口腔内トラブルの代表的なものとして、口内炎や歯周病があります。

口内炎

口内炎の原因はウイルス感染や糖尿病、腎臓病からの合併症状、異物を食べて口腔内に傷がついた、などきっかけは様々です。

口内炎にかかると口臭もひどくなり、猫は痛みで食事をしなくなります。結果的に体重が落ちて体力が低下し、よだれや血が出る状態となると口腔内の環境がさらに悪化し、歯周病が併発する場合もあります。

猫エイズが原因で発症することもあります。

歯周病

歯周病は歯垢や歯周ポケットにたまった汚れが原因で起こる症状ですが、歯周病にかかると猫は歯茎から出血し、口臭もきつくなります。

放っておくと歯がぐらつき、最終的には歯が抜け落ちて食事ができなくなる恐ろしい病気です。