キャットフード比較情報サイト。安全なキャットフードを探そう

猫の口腔内の病気について。口内炎や歯周病が命に関わることも!

命に関わる猫の口腔内の病気

猫にとって口腔内の病気は大きな問題です。人間の場合、口腔内トラブルは命に関わるほどの問題がないことから、猫の口腔内トラブルにも気づきにくかったり、そこまで重大とは思わないかもしれません。

しかし猫にとっては命に関わることなので、普段から猫の口腔内を清潔に保ち、口腔内に問題がないかを定期的にチェックするようにしましょう。

猫の代表的な口腔内の病気

猫の代表的な口の中のトラブルを見ると、

  • 歯周病
  • 口内炎
  • 口腔内腫瘍
  • アクネ

などがあります。それぞれのトラブルについて症状原因を見ていきます。

猫の歯周病

歯周病歯肉に炎症が起こる病気です。口の中に傷がついたり歯磨きを怠って歯垢や歯周ポケットに汚れがたまったりすると細菌が繁殖し歯周病になってしまいます。

猫が歯周病にかかると、

  • 唾液が増える
  • 歯茎から出血
  • 口臭もきつくなる

などの症状が出ます。歯周病は放っておくと歯がぐらつき、そして歯が抜け落ちてきます。それでも何もせず放っておくと、何本も歯が抜け猫は食事ができなくなってしまいます。

人間のように入れ歯で対応できないので、猫に食欲があったとしても飲み込める柔らかい物でしか栄養を補給できなくなってしまうので、猫が歯周病になったらすぐ対策するべきです。

猫の口内炎

猫の口内炎は、粘膜が炎症を起こし赤くなったり腫れたりしてしまう病気です。口内炎の原因は様々で、

  • 歯石や歯の汚れ
  • ウイルス感染
  • 糖尿病
  • 腎臓病からの合併症状
  • 異物を食べて口腔内に傷がついた

上記の項目はすべて口内炎の原因になりえます。

また猫は口内炎にかかると、

  • 口臭がひどくなる
  • 痛みが出る
  • よだれの量が増える
  • 口内が赤く腫れる
  • 毛繕いの時間・回数が減る
  • 口を鳴らす
  • 食事しなくなる

などの症状が現れます。よだれや血が出る状態までになると、口腔内の環境がさらに悪化し、歯周病が併発する場合もあります。

また猫の口内炎は猫エイズが原因で発症することもあるのですぐに獣医に診せて判断してもらいましょう。

猫の口腔内腫瘍(ガン)

猫の口腔内腫瘍とは、つまり口の中にできたガンということです。猫や犬は口の中にガンが発生しやすいので、気を付けてみてあげなければなりません。

原因については、人間と同じであまりはっきりとは分かっていませんが、口内環境も少なからず影響しているという話もあるので、歯磨きや口内トラブルは普段から気を付けておくべきでしょう。

口腔内腫瘍の症状は、

  • 口臭がきつくなる
  • 口や鼻から出血する
  • 体重が減少
  • よだれの量が増えた
  • 食べ方が普段と違う

などで現れます。この場合は手術や動物病院での処置になるので自分で何とかしようとはせず、すぐに獣医のところへ連れて行きましょう。

アクネ(猫ニキビ)

猫のアクネとは、口や顎付近に黒い粒のようなブツブツができる病気です。

「猫ニキビ」とも呼ばれ、口元や顎を自分で綺麗に舐められなかったことが原因です。前足を使って綺麗にできる猫もいますが、できない猫には定期的に顎を拭いたりして清潔にしてあげることが必要になります。

もしアクネになったら、猫の顎を優しく拭いたりして清潔にしましょう。治らないようなら、塗り薬なども処方してもらえる動物病院に相談しにいきましょう。